お客さんを気持ちよくお迎えしましょう!

今日は暑いですね!こんな日は
玄関を開け放って掃除しちゃいましょう。
夕方や朝、曇りや雨の日だと虫もいるので
日の出たカラッとした時間帯がおすすめです!

必要なもの
長いほうき
乾いたぞうきん
アルコールスプレーや住宅洗剤
状況により濡れぞうきん
しめった茶がら

蜘蛛の巣や虫を追い払いましょう!もちろん高いところから行います。

①最初にお外の上の方。
ドアしめてね。
ほうきで外の照明や、壁、屋根の下などの大きなほこりを落とします。
蜘蛛も落ちてくるかもしれませんから気を付けて。気になる人はマスクしてください。
ドアの上に窓がついているときもここでほこりを払い、必要であれば脚立で上がって窓も拭きましょう。
ドア回りもほうきで一通り。
壁が終わったら一度ごみを集めて捨ててください。

②ドアを開けましょう
ドアそのものをチェックします。
ドアの淵って意外と蜘蛛の巣あったりします。
乾いたぞうきんで払うようにして取り除きます。
ドアホンやチャイムのある方は、ここでちょっと丁寧に拭き掃除。
アルコールスプレーがおすすめ。
虫のふんや死骸は意外と油汚れです。
日の当たる場所に設置されていると
部品が劣化していることもありますので、
強い洗剤を使うと色が落ちたり部品が崩壊したりします(;^_^A
とくにレンズのついているものは
透明なパーツはあまり傷つけないように。
ドアのいたそのものも拭き掃除ですが
これも普段日が当たっていると簡単に色落ちします。
から拭き程度にしておくか、
全体に汚いのであれば水拭きですね。
この時の水拭きは、
劣化したドアの場合、少し柔軟剤を混ぜた水をつかいますと
仕上がりがやや、ややですがさらりとします。
ドアが熱くなっているときはむらがすぐ乾くのでお勧めしません。
車の洗車と一緒です。
ドアの材質によって車のワックスも有効です。
つやが無くなったものなどに効果的な場合があります。
ペンキで塗装されているものはからぶきがいいと思います。

玄関.jpg

③玄関の内側
内側の天井のごみを払います。
豪華な玄関ですと、ここで吹き抜けとか(;^_^A
そういう場合は無理せず掃除屋さんに頼んでくださいね。
有料でよければ私も参ります(コメント欄に書いてくださいね)。
スライダーという長い脚立を立てての作業になります。

天井のごみを払い、照明を拭いて、
ドアの上に窓がある場合もここで拭きます。

靴箱がある方は、先に靴箱の中の砂を掃きだしましょう。
いらない靴や傘もここで処分できると気持ちいいです。

次はたたきです。
たたき、と言ってわからない方が多いと思います。
靴を脱ぐ床面のことです。
材質にもよりますが、
まずは掃き掃除。
クッションフロアやPタイルなどのつるっとした材質の場合、
水拭きしても気持ちいいです(柔軟剤入りで大丈夫)。
コンクリートやタイルなどでざらっとしている場合は、
湿った茶がらを撒いてはき掃除するとけっこうさっぱりします。そのまま外も一通り履くとさらに気持ちいいです。


最後にきれいな水ぶきかアルコールスプレーで靴箱をもう一度拭き掃除しましょう。
仕上げに何か香りをプラスするのもいいですね。スプレーやアロマを使っていつもと違う雰囲気にしてもいいです。
来客前には
たたきを茶殻で履き掃除して、
靴箱を柔軟剤入りの水で拭き掃除、
香りをプラスすると
気持ちがいいですよ!


柔軟剤入りの水
お手持ちの柔軟剤でいいのです。
良い香りのものを選ぶと、気持ちもいいです。
もっと注目すべき点は「さらっとした仕上がり」です。
油の抜けた樹脂の表面や木製の製品などにも
薄く油分を補ってくれるので
手触りが変わります。
床の拭き掃除に使うとべたつきが抑えられます。
動物を飼っている方などの床面にもおすすめです。
猫の毛が低い壁面や床にちょっとくっついている感じ…
飼っている方ならわかると思います。
お試しください。

↓高級な香りって、どんな香なんでしょうね!






この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439799719
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック